【身体のメンテナンス】親指の付け根〜肘〜肩の負担を減らす手の向き


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓


これは私の場合ですが、
本番前など、根を詰めて練習をすると必ず痛くなるのが、親指の付け根あたり。

みなさんはどうでしょうか?🤔


モヤモヤ、ムズムズ、ズキズキ…
気になって押したり揉んだりしても、なかなか良くならない、となると決まって整体に駆け込んでいました。
(今もこれを、身体からの1つのサインとして意識してます)


いろいろ教えてもらった中で、一番意識しやすく簡単なケア方法を、今回ご紹介します。

それは、

手のひらを意識的に上に向けて過ごす事!



え?って感じですよね?
分かります…私も大した事ないって思ってました…!


フルートを吹く動作って、基本的に身体を内側に巻き込むような動きが基本にあります。

特に左腕、
右側に持ってくる時に、内側に少しひねりますよね?

これが「長時間」、さらには「力んで」になると、身体への負担が大きくなるんだそうです。


なので、それを緩めるために
例えば、
  • 夜寝る時→手ひらを上に向けて寝る
  • 電車等で座っている時→膝の上で手のひら上にしておく
  • 練習の合間に→肩からぶらぶらっと揺らす
などなど

具体的にはこんな感じでしょうか。


ちなみに、横になったときのイメージ、こんな感じです…!
(ああ…わたしの立派な太ももがバレてしまう…)


実際私も思い出した時に、意識的に実践するようにしているのですが、やるとめっちゃスッキリします✨✨(私は)


巻き肩対策にもなりますし、
肩と肘、手はみんな連動して繋がっていることと、教えてもらった理論から考えてみても、トラブルを未然に防ぐという意味でやっておいて損はないかなと思います。

手や肘にトラブルはないけど、シンプルに肩こりがつらい、という方もぜひ試してみてくださいね!

体験レッスン、レッスンはこちらからご予約いただけます。


船橋市のフルート教室 「フィエルフルート教室」

船橋市の住宅街にある、現在口コミから人気急上昇中の個人フルート教室です。楽器のレンタル、無料体験レッスンを実施中。全くの初心者から、10年以上のベテランの方など、様々な生徒さまに「フルートを楽しむ」ための技術をレッスンさせていただいています。こちらのページでは、お教室の情報や講師のブログを更新しているほか、ネットでのレッスン予約も承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000