ほ、本物のピアノがやってきます!


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓

主に千葉県船橋市で、フルートの個人レッスンをしている音楽教室です。


こちらは日々のレッスンの様子や内容、活動をご紹介している「レッスン日記」になります。

以前、本物のピアノをお教室に置きたいというお話をこのブログで書いたのですが、なんとなんとそれを見た大学の友だちからピアノを譲ってもらえることになりましたー!!*(^o^)/*わー!!!
すごすぎて、ありがたすぎて…言葉が出ないです😂💓

お教室のクラビノーバは、わたしが小学生の時に買ってもらって10年以上…
最近は鍵盤が重く鈍くなり、もう寿命…といった感じでした。

ちょうどピアノをレンタルしようかと思っていたところだったので、本当に渡りに船でした…!

わたしの感じる本物のピアノの良さを、今回は簡単にご紹介したいと思います✨✨


電子ピアノと本物のピアノの違い


クラビノーバも、結構ないいお値段のする電子ピアノですが、やはり本物のピアノには圧倒的にかなわないところがあります。

電子ピアノというのは、録音した音を鍵盤のセンサーに応じて発音しています。


まず強弱については、設定されたセンサーの段階に応じてしか反応しません。
トロンボーンのスライドような、無限にあるタッチの自由度はないので、楽器として発音できる音色の幅がかなり限られてしまいます。

また、本物のピアノを強く弾くと、弦は大きく振動し伝わり、他の弦を振動させる(共振)によってより豊かで大きな響きになりますが、電子ピアノでは録音された音のボリュームが大きくなるだけです。

共振とは

楽音には倍音という、さまざまな音の振動数が1つの音に含まれるので、本物のピアノで弾くと同じ「ド」でも臨場感が全く違うのです。


録音出来る周波数には限界がある


これだけCDや動画が普及しても、生演奏を聞く文化がなくならないのは、機械で録音出来る周波数にはまだまだ限界があるからだそうです。

先ほど触れた、共振の話の続きになりますが、生の楽器や本物のピアノの出す音にはさまざまな高さの倍音、周波数の振動が含まれていますが、録音ではその全てを捉えきれません。


また、バンドのライブや花火を見たときの大音量を思い出してみてください。
ビリビリと肌を伝わる振動、お腹の底まで響くようなパワフルな振動を感じたことがあるかと思います。

そういったものは、録音された音では伝えきれないんですね。


最後に


2月の演奏会の合わせで、本物のピアノの音を久しぶりに聞きました。
鳥肌が立つほど感動したのを今でもはっきり覚えています😌

クラビノーバとはやっぱり違うなと、身にしみて感じました。

そんな、すごい本物のピアノにいつでもお教室で触れられるなんて夢のようです😂
これからはどこか遠出をして場所を借りなくても、ちゃんとした合わせができます😭

いよいよ搬出、搬入の予定が立ったので、ブログに書かせてもらいました!
佳音ちゃん、ありがとう…!!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

当教室でのレッスンをご検討の方は、

ぜひ下記の情報を参考にご覧ください♪


お教室には楽器の用意がございますので、

まずは体験レッスンのお問合せ、お待ちしております💕


Fier(フィエル)フルート教室

⭐️ホームページはこちら

⭐️体験レッスンの記事はこちら

⭐️体験レッスンお申し込みはこちら



♡LINE@を始めました!♡

こちらのLINE@はこれから音楽を始めたい方、
お教室に興味のある方向けに発信していきます。


レッスン空き時間、イベント、
体験レッスンのご予約、無料クーポンのご案内。
お得な情報などを先行して発信いたします。
ぜひ、ご登録ください🌼


↓こちらのバナーからご登録ください

♡外部教室での個人レッスン♡

外部教室でもフルートを教えています。
それぞれのお教室の規定に沿った内容となっております。
お近くの方は是非ご相談ください🌼


ラパン音楽教室(門前仲町、新高円寺、森下、板橋)

http://monnaka.lapin-musicschool.com/

(現在、水曜日にレッスンしています♪)


新浦安カルチャープラザ(新浦安)

第2,4木曜日 16:00~21:00(青少年限定講座)

http://www.culture.gr.jp/detail/mare/topicsview_903_14882.html


亀有アリオ店内セブンカルチャークラブ(亀有)

第2,4土曜日 14:00~21:30

現在14:00~17:00の枠が空いております。

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_518639.html


Fier(フィエル)フルート教室ブログ

「楽しく」+「上達」を重視した、千葉県船橋市のフルート教室。

0コメント

  • 1000 / 1000