【大人のレッスン】息は「通り過ぎて引っかかるだけ」というイメージが大切


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓

主に千葉県船橋市と福島県福島市・郡山市で、フルートの個人レッスンをしている音楽教室です。


こちらは日々のレッスンの様子や内容、活動をご紹介している「レッスン日記」になります。

お教室の詳しい情報についてはホームページをご覧ください。


《今回のレッスンの流れ》

  • ソノリテ
  • アルテ

の30分レッスンでした♪



☑ソノリテ

3音ずつのソノリテを、上り下りで音出しをします。

下りのソノリテでは、肩、のど、首回りにが緊張し力みやすい生徒さまは、体の力を抜くように意識しながらやわらかい音色で伸ばしていきます。


半音ずつ音が下っていくのに合わせて、息の太さを太く、縦方向に深く、響きが豊かな音色が鳴るようにレッスンさせていただきました。



上りのソノリテでは、極力息の力、おなかの力で高音を支えられるように気を付けます。


どうしても高音に苦手意識があると、歌口(フルートの息を吹き込む穴の部分)のエッジの部分に意識が向いてしまうのですが、今回の生徒さまの場合、そうすればそうするほど歌口がふさがって息が苦しくなってしまっていました。


息の方向は今の方向のまま、しかし歌口のエッジに向かって息を吹くのではなく、エッジを通り越して吹いた息がひっかかる、という意識で吹いていただいたところ、

不安定で細めの音色だった高音域の音色が、すっと鳴るようになり、響きもとても安定しました✨



☑アルテ

低音域の音から高音域まで、ジグザグと上下しながら登っていく跳躍練習の課題です。

今まで、低音域から中音域に変わるあたり、特にレ、ミ、ファ#で調子を崩しやすかったのが、今回のレッスンでは、まろやかでつやつやしたと音色でしっかり発音して進むことができていらっしゃいました❣


指の動きも以前に比べて、とてもスムーズになっていたのも素晴らしかったです。



フルートの運指はそんなに複雑ではないので、あえて1つ飛ばしで上がったり下がったりする動きを練習することで、楽器をぶれずに持つ練習や、より自分の指を自分の意識でコントロールする練習になります。


今回のレッスンでは実は、楽器の持ち方についてもかなり詳しくレッスンしたので、それを生かしてこの課題が吹けると今後とても心強い…!ので、この課題は来週もう一回!!

(楽器の持ち方については次のレッスン日記で詳しく書きたいと思います)



最近、一週間ごとにぐんぐん成長される生徒さま。

西葛西のお教室での生徒さまなので、かれこれ2年以上のお付き合いですが、2月いっぱいでお別れです…(私が退職するので)


来週で最後になるのですが、最後の最後まで生徒さまにとって新たな課題を、分かりやすくお伝えしていけるように頑張りたいと思います!💡



最後まで読んでいただきありがとうございます!

当教室でのレッスンをご検討の方は、

ぜひ下記の情報を参考にご覧ください♪


お教室には楽器の用意がございますので、

まずは体験レッスンのお問合せ、お待ちしております💕


Fier(フィエル)フルート教室

⭐️ホームページはこちら(福島教室はこちら

⭐️体験レッスンの記事はこちら

⭐️体験レッスンお申し込みはこちら



♡LINE@を始めました!♡

こちらのLINE@はこれから音楽を始めたい方、

お教室に興味のある方向けに発信していきます。


レッスン空き時間、イベント、

体験レッスンのご予約、無料クーポンのご案内。

お得な情報などを先行して発信いたします。

ぜひ、ご登録ください🌼


↓こちらのバナーからご登録ください

♡外部教室での個人レッスン♡

外部教室でもフルートを教えています。

それぞれのお教室の規定に沿った内容となっております。

お近くの方は是非ご相談ください🌼


ラパン音楽教室(門前仲町、新高円寺、森下、板橋)

http://monnaka.lapin-musicschool.com/

(現在、水曜日にレッスンしています♪)


新浦安カルチャープラザ(新浦安)

第2,4木曜日 16:00~21:00(青少年限定講座)

http://www.culture.gr.jp/detail/mare/topicsview_903_14882.html


亀有アリオ店内セブンカルチャークラブ(亀有)

第2,4土曜日 14:00~20:30

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_518639.html


Fier(フィエル)フルート教室ブログ

「楽しく」+「上達」を重視した、千葉県船橋市のフルート教室。

0コメント

  • 1000 / 1000