【高校生レッスン】艶のあるpで♪


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓


《今回のレッスンの流れ》

  • ソノリテ
  • アルテ

の30分レッスンでした♪



☑アルテ

ついにたくさんのシャープ、フラットのつく課題をクリアし、最後のガリボルディの練習曲の部分を本格的にレッスンさせていただきました。



今回が全く初めて楽譜ではないのですが、少し久しぶりにこの楽譜を見た生徒さま。


本当に譜読みが上手な生徒さまで、装飾音符がついたり、少し早く動く部分などもしっかり対応して吹けていました。すごい技術力です…!!


楽譜が読めても、それに指が対応してすっと動かないと、なかなかこうはいかないはずです。

スラーやスタッカートなどの、細かなアーティキュレーションも丁寧につけられていて、とても素晴らしかったです✨



曲の大まかな流れはよくできていらっしゃったので、フレーズの取り方について少しだけレッスン。

アパッショナータな感じで、演歌のように濃厚に歌って吹く演奏がとても得意な生徒さまなのですが、今回のハ長調の曲の雰囲気には少し濃すぎる印象が。


原因は一つの大きなフレーズの中で、波のように細かな抑揚が付きすぎてしまっていることでした💡


「フレーズの中の山の頂点は、どこなのか」を見極めて、1つの山を作るように意識して演奏していただいてみたところ、フレーズにまとまりが出てきて音楽の流れがとっても良くなりました😆



そして中間部のpの部分。(しかもスタッカートが付きます!!)

小さな音を出したい気持ちが強いあまり、息のスピードも量も、譜面の音を出すには少し足りなくなってしまい、かすれ気味な音のまま演奏が進んでしまいます。


pでも、艶のある音色で鳴らして演奏することはできます。

繊細なタンギングと、狙いをすました息遣いが大切なポイントです✨


軽やかに、しかしクリアな音色で、ばっちり演奏できました❣



最後は曲の中心になるような、1曲を通して一番盛り上がる部分。

クレッシェンドしてfへ向かったと思いきや、ppへ収まっていくという、音楽的にも劇的な部分です。



どうしてもフレーズが長くなると、息やおなかの支え、集中力を保ち続けなくてはいけないため、最高の状態で頂点へ登りきるのは大変です。


しかも楽譜の先、視界の端にはppの文字が。

登ってもすぐ降りるんだから、どうしたってつい小回りで節約してしまいたくなりますよね…🙈


今回は、こういった強弱の「運び」を練習しました💡



曲のほうは、残った時間があと少しだったので、難しい連符の部分の確認と練習をしました。

次回、仕上げて演奏できるといいなと思います❣


体験レッスン、レッスンはこちらからご予約いただけます。


船橋市のフルート教室 「フィエルフルート教室」

船橋市の住宅街にある、現在口コミから人気急上昇中の個人フルート教室です。楽器のレンタル、無料体験レッスンを実施中。全くの初心者から、10年以上のベテランの方など、様々な生徒さまに「フルートを楽しむ」ための技術をレッスンさせていただいています。こちらのページでは、お教室の情報や講師のブログを更新しているほか、ネットでのレッスン予約も承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000