【大人のレッスン】「生き生きとした演奏」になる秘訣とは?


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓

主に千葉県船橋市と福島県福島市・郡山市で、フルートの個人レッスンをしている音楽教室です。


こちらは日々のレッスンの様子や内容、活動をご紹介している「レッスン日記」になります。

お教室の詳しい情報についてはホームページをご覧ください。


《今回のレッスンの流れ》

  • ソノリテ
  • 教則本

の30分レッスンでした♪



☑ソノリテ

しばらく体調がすぐれない生徒さま…!😲💦

まだ全快はされていないそうで、確かになんだかいつもよりも静かにまとまった印象のソノリテでした。


いつもはとても大胆に、しっかりと音を響かせて楽器を良く鳴らせる生徒さまなので、やはり本調子ではないのだな…ととても心配になりました💦

とりあえず今回も体に無理のない範囲で、特に「音の伸び」を意識してソノリテに取り組みました♪




☑教則本

教則本では、G dur(ト長調)の音階と分散和音の練習が課題になっていました。


音色は悪くないのですが、いまひとつ表情に欠ける印象が…。

そこでG durの調の持つイメージを、生徒さまにうかがってみたところ「森のまきばのイメージ」というとっても素敵な表現をいただきました…!😳💕


ただの個人的なイメージなので、こうじゃなきゃいけない!というような正解があるわけではないのですが、私も何となく、G durに対して緑色のイメージがあったので、生徒さまのイメージに共感してしまいました❣



実際に、具体的なイメージをもって演奏していただいたところ、ゆったりと温かみのある明るさがあってとてもいい演奏になりました😆✨



アルペジオでは、「ミ♭⇔ラ♭」の部分でどうしてもあと一歩明るい「ラ♭」に登り切れず、煮え切らない印象がありましたが、

階段状に音が上がっていく分散和音では、音が上がる際に弱くならないように、1段ずつちゃんと階段を上るように意識して吹いていただいたところ、しっかり頂点感のある「ラ♭」に到達できるように!✨


ダンスやスケート振りも、手や足が大きく動ける方がダイナミクスを感じるように、音楽の演奏も大周りで上って、しっかり下まで下りる、そんな音色の表現ができると、より伝わりやすい演奏になるのです。



もちろん音楽の場面や性格にもよりますが、「生き生きとした演奏」とはそういうことではないかなと思います!

私も、人に偉そうに言うばかりではなく、自分でもいつでも気を付けていたいなと思います💡


最後まで読んでいただきありがとうございます!

当教室でのレッスンをご検討の方は、

ぜひ下記の情報を参考にご覧ください♪


お教室には楽器の用意がございますので、

まずは体験レッスンのお問合せ、お待ちしております💕


Fier(フィエル)フルート教室

⭐️ホームページはこちら(福島教室はこちら

⭐️体験レッスンの記事はこちら

⭐️体験レッスンお申し込みはこちら



♡LINE@を始めました!♡

こちらのLINE@はこれから音楽を始めたい方、

お教室に興味のある方向けに発信していきます。


レッスン空き時間、イベント、

体験レッスンのご予約、無料クーポンのご案内。

お得な情報などを先行して発信いたします。

ぜひ、ご登録ください🌼


↓こちらのバナーからご登録ください

♡外部教室での個人レッスン♡

外部教室でもフルートを教えています。

それぞれのお教室の規定に沿った内容となっております。

お近くの方は是非ご相談ください🌼


ラパン音楽教室(門前仲町、新高円寺、森下、板橋)

http://monnaka.lapin-musicschool.com/

(現在、水曜日にレッスンしています♪)


新浦安カルチャープラザ(新浦安)

第2,4木曜日 16:00~21:00(青少年限定講座)

http://www.culture.gr.jp/detail/mare/topicsview_903_14882.html


亀有アリオ店内セブンカルチャークラブ(亀有)

第2,4土曜日 14:00~20:30

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_518639.html


Fier(フィエル)フルート教室ブログ

「楽しく」+「上達」を重視した、千葉県船橋市のフルート教室。

0コメント

  • 1000 / 1000