【中学生レッスン】低音を鳴らすには、息は太く、深く。


こんにちは!

Fier(フィエル)フルート教室、

講師の山田千尋です😆💓


《今回のレッスンの流れ》

  • 音出し
  • 教則本

の30分レッスンでした♪



☑音出し

最初の音出しは、頭部管のロングトーンです。

4,6,8拍ともとても力強く、余裕をもって音を伸ばすことができました✨


中音域から上の音の支えが不安定なところがあるので、管の端をふさいだ状態で出せる高い音を使って、タンギング・リズムの練習もしました。

ある程度の高さのある音をはっきりと発音する感覚を、この練習でつかんで、教則本の方へと移っていきます。



☑教則本

前回のレッスンから少し間が空いていたので、簡単に運指の確認をしました♪


低音域のミが、今回のレッスンで初めて登場!

低い音はリコーダーと一緒で、フルートもそーっと温かい息で吹かないと、高い音にひっくり返ってしまいます。


しかし、タンギングをしないと音の立ち上がりはふわふわと輪郭がぼやけてしまいます…。

息は太く、深く。火を吹き消すようなスピードや力強さではなく、遠くの火を揺らし続けるような優しい圧力が必要です。



楽器の当て方も、もう少し改善の余地がありそうです。

横から見て微調整してみると、音の輪郭がはっきりして、芯のある音が出せていました😊


次の課題も、楽譜に色付け済みなのできっと譜読みも少し楽に挑めるはずです!

楽譜の読み、楽器の当て方、まだ少し慣れが必要な部分ですが、これから生徒さま自身にとって心地よいやり方を自分で作っていけるといいな!と思います♪


体験レッスン、レッスンはこちらからご予約いただけます。


船橋市のフルート教室 「フィエルフルート教室」

船橋市の住宅街にある、現在口コミから人気急上昇中の個人フルート教室です。楽器のレンタル、無料体験レッスンを実施中。全くの初心者から、10年以上のベテランの方など、様々な生徒さまに「フルートを楽しむ」ための技術をレッスンさせていただいています。こちらのページでは、お教室の情報や講師のブログを更新しているほか、ネットでのレッスン予約も承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000